【徹底解説!】ココモ法について解説!

オンラインカジノにもさまざまな手法がありますが、

その中の1つにココモ法があります。

ココモ法はマーチンゲール法と似たベッティングシステムで

マーチンゲール法を変化させた手法となっています。

当記事では、ココモ法とはどういった手法なのか、

詳しく解説していきます。

ココモ法とは

 

ココモ法とは、ヨーロッパで知名度が高く人気な手法で

1回の勝利で損失額を取り戻しさらに利益が

出るベッティングシステムです。

連敗が続いていたとしても一度の勝利で

利益が出るというマーチンゲール法に似た

手法となっています。

マーチンゲール法は、賭け金を倍にしていく方法ですが、

ココモ法は異なる方法でベットをしていく方法で、

マーチンゲール方に比較して連敗したとしても

比較的低リスクで損失を取り戻し利益を出していくことが

できます。

 

ココモ法のメリット

・比較的リスクが小さい

・1度の勝利で連敗していても利益が出る

・連敗が続けば続くほど利益が多くなる

ココモ法は連敗した場合でも、

比較的資金の減りは緩やかとなっています。

そのため、少ない資金でも使う事ができます。

カジノゲームをプレイする上で勝ち負けがあり、

連敗は必ず付いてきます。

ココモ法は、連敗しても1回の勝ちで損失額を取り戻し、

利益を出す事ができます。

さらに、連敗が続けば続くほど利益が多くなるという特徴があり

魅了であり、メリットと言えるでしょう。

 

ココモ法のデメリット

・計算が必要となる

・連敗する確率が高くなる

・使う条件が発生する

ココモ法は、前回と前々回の賭け金を

足した合計をベットしなければなりません。

つまり、計算が必要になってきます。

ランドカジノなどではメモが取りずらいですが、

オンラインカジノではメモを取ることができるので

計算をしてメモをしていくことをおすすめします。

また先ほど、使えるカジノゲームで紹介させていただいた、

ルーレットのダズンベットやコラムベットの

ベッティングシステムは、勝率の確率が32,43%と低く、

連敗する確率が高くなってしまうデメリットが発生してしまいます。

ココモ法が使える条件として配当が3倍のカジノゲームと

なってしまうので使えるカジノゲームが限られてしまうという点も

デメリットとして挙げられます。

ココモ法の使い方

 

ココモ法の使い方として2連敗した場合に使用し、

3回目のゲームから前回と前々回のゲームの

賭け金を足して合計した金額をベッティングしていく方法です。

 

・2回連続負けた場合にココモ法を使う

・3回目のベットから「前回と前々回の賭け金の合計をベット」する。

・ゲームに勝利した場合、1回目からやり直す

ココモ法の使い方の手順は以上になります。

 

ココモ法が使えるカジノゲーム

 

ココモ法は、基本3倍の配当があるゲームに使えます。

おすすめのカジノゲームはルーレットです。

ルーレットの「ダズンベット」や「コラムベット」の

配当3倍のベット方法に使えます。

 

まとめ

 

ココモ法について解説してきましたが、

いかがでしたでしょうか。

マーチンゲール法と比較すると比較的低リスクで

連敗していても一度の勝利で利益が出せる手法となっており、

初心者の方などで資金が少ない方でも使いやすくなっています。

使えるカジノゲームは限られてしまいますが、

ルーレットが好きな方などにはおすすめの手法と

なっていますので一度使ってみてはどうでしょうか。

ココモ法が使えるおすすめのオンラインカジノを

紹介していますのでこちらもご覧ください。

おすすめのオンラインカジノ、ラピンベットカジノはこちら

おすすめの記事