【徹底解説!】オスカーズグラインド法について解説!

オンラインカジノには、様々な手法がありますが、

カジノゲームでリスクが少なく着実に利益を出したい。

そんな方に、長期的に着実に利益を重ねていける手法が

「オスカーズグラインド法」です。

コツコツ稼ぐ方法なので、少ない資金からでも

始めることができるので、

初心者の方にもおすすめの手法になっています。

当記事では、オスカーズグラインド法について詳しく

解説していきます。

オスカーズグラインド法とは

オスカーズグラインド法は、カジノ手法の中では

あまり知られていませんが、

1965年に提唱されたベッティングシステムで、

歴史が長く、ギャンブルならではの一発逆転といった

スリル感を味わえる手法ではなく、

リスクを避け着実に稼いでいく手法として、

一部のプレイヤー達から支持されています。

連敗しても損失が大きく膨らむことはなく、

長期的に利益を出していく手法なので、

カジノゲームをギャンブルではなく、

投資として捉えている人にもおすすめの手法です。

 

オスカーズグラインド法の特徴

・損失を抑つつ、利益を出していける

・長期戦に向いている

 

オスカーズグラインド法には、「利益が出た時点でセットを終了させる」

ルールと、「収支が±0になったらセットを終了させる」

といった2つのルールが存在します。

大きな損失を回避しながら着実に利益を

積み上げていく手法なので、

ゲームを長く続ければ続けるほど

オスカーズグラインド法の効果を発揮することができます。

 

 

オスカーズグラインド法のメリット

・負け数が勝ち数より多くても利益を出せる

・リスクが低い

・高い確率で利益を得られる

 

オスカーズグラインド法は、勝率50%のゲームで

使用することができます。

普段勝率50%だと勝ちと負けの回数が

同じぐらいになり利益を得るのは難しいですが、

オスカーズグラインド法は負け数が勝ち数より

多い場合でも利益を出すことができます。

そのため、極端に負け数が多くならない限り、

ほぼ確実に利益を出すことができるといえます。

また、オスカーズグラインド法は、

ゲームに勝利した場合でも1単位ずつしか

賭け金は増えないので、リスクが低いといえます。

負けても倍賭など、急激に賭け金が上がることがないので、

損失が膨らむこともなく、少ない資金でも始められるため、

初心者の方や資金が少ない人でも使用することができます。

 

オスカーズグラインド法のデメリット

・大きい利益は得られない

・計算が必要

 

オスカーズグラインド法は毎回得られる利益は

1単位分の金額なので、大きな利益を得るには

何セットもこなさなくてはなりません。

1回の勝利で大きな利益を得る手法ではないので、

大金を稼ぎたい方には向いていません。

また、オスカーズグラインド法は勝ち負けを

繰り返すたびに計算する必要があるので、

面倒くさいと感じる方には向いてません。

オスカーズグラインド法の使い方

オスカーズグラインド法の使い方はとても簡単なので、

初心者の方でもすぐに使用することができます。

賭け金や累計損益を把握しておく必要があるので

あらかじめメモなどを用意しておくといいでしょう。

オスカーズグラインド法の使い方は以下の通りです。

1、最初に初期ベット額を設定し、その金額からゲームを開始する。

 

2、ゲームに勝利した場合、賭け金を1単位上げて次のゲームを行う。

例・・・1ドル→2ドル→3ドル→4ドル→5ドル

 

3、ゲームに負けた場合、前のゲームと同じ金額を賭ける。

例・・・1ドル→1ドル→1ドル→1ドル→1ドル

 

4、セット終了のタイミングは、利益が出た時・収支±0になったときの2つ。

ここまでを1セットとして、再度2セット、3セット、4セット・・・と繰り返すことが可能になっています。

 

オスカーズグラインド法が使えるカジノゲーム

オスカーズグラインド法は、勝率50%・配当2倍

ゲームに有効な手法です。

主に「ルーレット」「バカラ」「ブラックジャック」で

使用することができます。

 

ルーレット

ルーレットは、勝率が50%で配当が2倍の

賭け方ができるので有効です。

・赤黒賭け・・・赤黒のどちらか一方に賭ける方法

・奇数偶数賭け・・・奇数偶数のどちらかに賭ける方法

・ハイロー賭け・・・ハイ数字(19~36)ロー数字(1~18)のどちらかに賭ける方法

ルーレットにはヨーロピアンルーレットと

アメリカンルーレットがありますが、

ヨーロピアンルーレットを使用することをおすすめします。

アメリカンルーレットにはダブルゼロという0が2つありますが、

ヨーロピアンルーレットはシングルゼロと

0が1つなので還元率が少し高くなります。

 

バカラ

バカラは、バンカーが勝つかプレイヤーが

勝つかの二者択一のゲームなので、

オスカーズグラインド法を使用することができます。

タイの場合もありますがカウントしないようにしましょう。

 

ブラックジャック

ブラックジャックは、プレイヤーとディーラーの

1対1の勝負で配当が2倍のゲームです。

色々悩んだり考えたりするイメージですが、

単純にプレイヤーとディーラーどちらが

勝つかのゲームなので、勝率は50%になります。

まとめ

今回、オスカーズグラインド法について

解説してきましたがいかがだったでしょうか。

オスカーズグラインド法は一度に大きな

利益は得られないものの、

長い時間をかけて小さい利益を着実に

積み上げていくことを目的とした手法です。

このような損失を抑えつつ、

利益を確保していくような手法はあまりなく、

ギャンブルというより、投資と捉えて

行うのも良いかもしてませんね。

皆さんも、実際にカジノゲームで遊ぶ際は、

この記事を参考にぜひ挑戦してみてください。

オスカーズグラインド法が使える

おすすめのオンラインカジノも紹介していますので

そちらもご覧ください。

おすすめのオンラインカジノ、ラピンベットカジノについてはこちら

おすすめの記事