【徹底解説】3倍マーチンゲール法とは⁉

今回は、理論的に必ず勝てると言われている
マーチンゲール法と似た手法の
3倍マーチンゲール法について
詳しく解説していきます。

マーチンゲール法がどのような
手法かわからない方は
マーチンゲール法について解説している
記事がありますので、まずはそちらをご覧ください。

3倍マーチンゲール法について

やり方は非常に簡単で初心者でも
わかりやすい手法になっています。

3倍マーチンゲール法は
勝率が50%、配当が2倍のゲームに使われます

冒頭にも書きましたが3倍マーチンゲール法は
マーチンゲール法では、
負けた次ゲームで賭け金を2倍に増やしますが、
3倍マーチンゲール法ではその名の通り、
負けた次ゲームでの賭け金を3倍に増やします

そのため、勝った場合の利益は大きくなりますが、
連敗時は賭け金・損失が急激に膨らみますので
注意が必要です。

3倍マーチンゲール法は現地のカジノでも
合法の手法です。
ですが、現地のカジノは最低ベット額が
普通のオンラインカジノよりも
高く設定されているため、
自己資金がより多く必要となる場合があります。

それとは反対にオンラインカジノは
現地のカジノに比べてそこまで軍資金を
用意する必要はありません。

先程、申しあげた通り、
3倍マーチンゲール法は負けるたびに
ベット額を増やしていく手法なので、
連敗した時はベット額が増えていきます。

オンラインカジノはベット額の上限が
決められているゲームが中にはあるため、
勝つまでにその上限に達してしまうと
3倍マーチンゲール法を最後まで
活用できない場合があります。

反対に3倍マーチンゲール法は
一度でも勝つことができれば
かなりの利益を得ることもできます。

メリット

①手順が簡単で初心者の方もわかりやすい。

②オンラインカジノだけでなく
現地のカジノでも利用できる。

③勝った数より負けた数のが多くても、
自分が決めたマーチン数までに
勝つと利益を出すことができる。

④連敗すればするほど
勝った時に得る利益が大きくなる。

⑤連敗確率を利用しながら
リスクの少ない賭けをすることができる。

 

デメリット
①マーチン数が増えるたびにベット額が
増えるのでマーチンゲール法よりも
沢山の自己資金がいる。②マーチン数がふえるたびに
自身への心理的不安が大きくなる。③オンラインカジノはベット額の上限が
決められているゲームもあるため、
勝つまでにその上限に達してしまうと
3倍マーチンゲール法を最後まで
活用できない場合がある。

 

 

3倍マーチンゲール法の期待値

理論的に勝てるとありますが
実際にはどうなのかと言うことを
3倍マーチンゲール法を利用した時の
期待値を計算しました。

期待値を求める式はこちらです。

期待値=勝つときの期待値+負ける時の期待値

 

今回は最初のベット額を1ドル、
1度にベット出来る金額を
50,000ドルとして期待値を考えます。

仮に3倍マーチンゲール法を使用して
負け続けた場合、ベット額は
このような表になります。

 

ぜひ参考にしてください。

 

 

マーチン回数 金額
0マーチン 1ドル
1マーチン 3ドル
2マーチン 9ドル
3マーチン 27ドル
4マーチン 81ドル
5マーチン 243ドル
6マーチン 729ドル
7マーチン 2,187ドル
8マーチン 6,561ドル
9マーチン 19,683ドル
10マーチン 59,049ドル

 

 

10回目で1度にベットできる
最大金額は50,000ドルを超えるので
最大93倍マーチンゲール法を使えます。

 

【勝率2分の1、配当2倍の場合】

勝率が2分の1の勝負でマーチンゲール法を
使い負けるとき、負ける確率は9回連続で
負けることになるので、1/2の9乗 = 1/512
負けるときの損失は1回目から
9回目のベット額を全て足して
-1-3-9-27-81-243-729-2,187-6,561-19,683
= -29,524ドル

負けるときの期待値は
負けるときの損失 × 負ける確率
-29,524 × 1/512 = -29,524/512

勝つ確率は全ての確率から
負ける確率を引いて
1 - 1/512 = -29,524/512

勝つときの期待値は
勝つときの利益 × 勝つ確率
1 × 29,524/512= 29,524/512

つまり、勝率2分の1、配当2倍の勝負で
マーチンゲール法を使うとき
期待値 = 勝つときの期待値 + 負けるときの期待値
29,524/512+-29,524/512= 0

ということで期待値は0です。

期待値が0ということはベットした金額が
増えるか減るかは五分五分です。

ちなみに、投資法を使わずに
普通に賭けるときの期待値は
1/2 × 1 + 1/2 × -1 = 0
なので、3倍マーチンゲール法を
利用してもしなくても期待値は変わりません。

 

3倍マーチンゲール法の連敗の確率

マーチンゲイル法は勝率が50%で
配当が2倍のゲームによく使われます。

勝率が50%のゲームで連敗する
確率をこちらに表にしておきますので
参考にしてください。

 

マーチン回数 確率
1マーチン 50%
2マーチン 25%
3マーチン 12.50%
4マーチン 6.25%
5マーチン 3.125%
6マーチン 1.563%
7マーチン 0.781%
8マーチン 0.391%
9マーチン 0.195%
10マーチン 0.098%
11マーチン 0.049%
12マーチン 0.024%
13マーチン 0.012%
14マーチン 0.006%
15マーチン 0.003%
16マーチン 0.0015%
17マーチン 0.0008%
18マーチン 0.0004%
19マーチン 0,0002%
20マーチン 0.0001%

 

100回に1回は6連敗、
1000回に1回は10連敗をする確率があります。

どんなに運が悪くても
10連敗はしにくいと思うので、
自己資金に余裕があれば勝ち続けれる
攻略法の一つです。

 

バカラで3倍マーチンゲール法をやる場合
バカラではタイを除けば、
バンカーベットの勝率は50.68%で、
プレイヤー勝率は49.32%です。しかし、バンカーWIN時には0.05%の
手数料を差し引いて支払われるので、
マーチンゲール法を使う場合は、
プレイヤーベットの方をおすすめします。ハウスアドバンテージはありますので
公平な勝負にはなりません。

 

ルーレットで3倍マーチンゲール法をやる場合
ルーレットでマーチンゲール法を適用するなら、
前述のとおりローハイベット、赤黒ベット、
EVEN/ODDベットを使います。いずれの勝率もヨーロピアンルーレットなら
18/37(48.64%)、アメリカンルーレットは
18/38(47.36%)と、50%の確率より
やや低いことを理解しておくべきです。つまり、こちらも
ハウスアドバンテージがあることになります。

 

 

3倍マーチンゲール法を始める前に

まず初めにご自身の資金と相談して、
ベット額を設定してベットして行きましょう。

ベット額によってマーチンが続いた後の
ベット額が大幅に変わりますので
注意して選びましょう。

こちらは、「1ドル」「5ドル」「10ドル」の
場合のベット額の表を記載しておきますので
参考にしてください。

 

マーチン数 1ドル マーチン数 5ドル
0マーチン 1ドル 0マーチン 5ドル
1マーチン 3ドル 1マーチン 15ドル
2マーチン 9ドル 2マーチン 45ドル
3マーチン 27ドル 3マーチン 135ドル
4マーチン 81ドル 4マーチン 405ドル
5マーチン 243ドル 5マーチン 1,215ドル
6マーチン 729ドル 6マーチン 3,645ドル
7マーチン 2,187ドル 7マーチン 10,935ドル
8マーチン 6,561ドル 8マーチン 32,805ドル
9マーチン 19,683ドル 9マーチン 98,415ドル
10マーチン 59,049ドル 10マーチン 295,545ドル
総ベット数 88,573ドル 総ベット数 442,865ドル

 

 

マーチン数 10ドル
0マーチン 10ドル
1マーチン 30ドル
2マーチン 90ドル
3マーチン 270ドル
4マーチン 810ドル
5マーチン 2,430ドル
6マーチン 7,290ドル
7マーチン 21,870ドル
8マーチン 65,610ドル
9マーチン 196,830ドル
10マーチン 590,490ドル
総ベット数 885,730ドル

 

上記のようにマーチン数が続くと
ベット額がお大幅に変わってきます。

 

1ドルの場合で10マーチンまで続くと
総ベット額は、88,573ドル(約880万円)

5ドルの場合で10マーチンまで続くと
総ベット額は、442,865ドル(約4,430万円)

10ドルの場合で10マーチンまで続くと
総ベット額は、885,730ドル(約8,850万円)

と、なりますので最初のベット額は
慎重に選ぶようにしましょう。

 

まとめ

この記事では3倍マーチンゲール法について
数字や表をメインに説明してきましたが
理解していただけたでしょうか??

3倍マーチンゲール法は
勝つ確率が高く、マーチンゲールと違い
3倍の金額をかけるので
高く利益を出しやすいですが、
マーチンゲール法と同様に
メンタルが弱い方にはお勧めできません。

3倍マーチンゲール法は簡単で
初心者の方にはおすすめですが、
何よりマーチンゲール法よりも
軍資金の準備が大変です。

例えば、10マーチンまで行う場合、
10マーチンまで連敗する確率は
0.098%(約1000分の1)の確率です。

なので、負ける確率は
非常に低く安心できますが、
もし、10マーチン目も負けてしまった場合は
とても大きな損失になってしまうので、
注意しなければいけません。

どうしても負けが続くとベットする金額も
大きくなるので心理的不安がものすごく
多いと感じます。

メンタルがあまり強くない方は、
マーチンゲール法同様、
何か対策してベットすることを勧めます。

例えば、
1ドルベットで3倍マーチンゲール法を使うか
マーチン数を5マーチンまでにしたり
何か自分の中で対策をすることを勧めます。
ですが、何も知らず適当なベット額で賭けるより
利益を出しやすいので、
おすすめの手法と言えると思います。

そのため、

・簡単な手法で遊びたい。

・自己資金を多めに用意できる。

・メンタルが強い。

こんな方におすすめの手法です。

3倍マーチンゲール法の他にも
この世には様々な攻略法が存在するので、
ぜひ、確認してみてください。

3倍マーチンゲール法が使えるおすすめのオンラインカジノも

紹介していますのでこちらもご覧ください。

おすすめのオンラインカジノ、ラピンベットカジノについてはこちら

おすすめの記事