【徹底解説!】コイントス法について解説!

コイントス法は一番身近で簡単で初心者でも使いやすい手法です。

流れが悪い場合などにも使われ、知識があれば有効に

ゲームを進めることができます。

当サイトでは、コイントス法について詳しく解説していきます!

 コイントス法とは

カジノ・オンラインカジノなどのギャンブルでは、コイントス法と呼ばれる必勝法が存在します。

その名の通り、コインを投げて表が出るか裏が出るかで賭け方を変えるベットスタイルです。

基本的にこの方法は2分の1で決定するので内容がすごくわかりやすいこともあり古くから争いごとの解決方法やスポーツ競技の先攻を決めるなど、公平な勝負の付け方として使われているようです。

またコインの表と裏が出る確率は1/2であり、賭け方の偏りをなくし勝負のハマリを防ぐことができます。

オンラインカジノなどのギャンブルでも、コイントス法を利用することによって先入観なく楽しむことができるでしょう。

メリット

・なかなか決断できない人

出目が勝手に決まるので、何に賭けるか考える手間が省けます。

「悩む・迷うのが面白い・楽しい」と考えている人には向いていませんが、なかなか決断できない人におすすめでゲームをスムーズに進めることができます。

スムーズにベットすることができればゲームの流れも速くなるので短時間でたくさんのゲームをプレイすることできます。

・プレイ中に熱くなってしまう人

自分の予想した結果が外れてしまった場合、つい熱くなってしまい感情のコントロールが効かなくなってしまう人

カジノゲームにおいて感情的になってしまうことはとてもリスクがあります。予想以上の資金を使ったり、ゲームをやめるタイミングを見失うなど、悪いことばかりです。

コイントス法ではコインが賭ける先を決めるので、自分の意思・感情が全く関係ないのでいつも平常心でストレスなくゲームを進めることができ、また連敗が続くようなタイミングに使うと悪い流れを断ち切ることができます。

 

デメリット

・勝率を上げる方法ではない!

コイントス法は基本的に自分で考えない運任せな手法なので、勝率を50%を上回ることはない。

・あまりに簡単なので、飽きてしまう恐れがあります。

・2択しかないので選択肢の多いギャンブルには使えません。

オンラインカジノにおいてはルーレットの赤か黒かの2択や、ライブゲームのハイアンドローなどの簡単なものでしか使えないのがネックです。

 

コイントス法の賭け方

①ルーレットの赤黒など、2つのうちどちらか一方に賭けるゲームを選びます。

②赤黒どちらに賭けるかを、コインを投げて決めます。たとえば表が出たら赤、裏が出たら黒といったように自分でルールを作ります

③コインを投げます、表が出ました。

④表が出たら赤に賭けると決めていたので、赤に賭けます。

 

コイントス法はひたすらこれを続けるだけです。とっても簡単ですよね!

そのため、コイントス法はオンラインカジノ初心者であってもすぐに実践で利用することができるのです。

 

2つのうちどちらか一つに賭けるゲームなら、どんなゲームにも応用できます。常に自分の決めたルールに従って賭けを行います。

 

相性がいいカジノ

コイントス法は選択肢が2つののゲームに有効な攻略法です。

ルーレットやバカラなど、配当金が2倍になる賭け方ができるオンラインカジノゲームで使えます。

 

コイントス法が利用できる一番簡単なゲームと言えば、ルーレットでしょう。

ルーレットにはいろいろな賭け方がありますが、その中でも赤・黒、ハイ・ロー、奇数・偶数であればそれぞれ賭けるときの選択肢は2つなので、コイントス法を使用することができます。

そのため、コイントス法を利用するのであれば、ルーレットが一番おすすめです!

まとめ

ここではコイントス方について

解説しましたが、ご理解いただけたでしょうか?

 

コイントス法はコインを投げて賭ける内容を決める至ってシンプルな方法なので、誰でも簡単に使うことができるということが1番の魅力です。

 

また、コイントス法を使用する場合はあまり依存しないようにすることが重要です。

コインコイントス法を利用したからと言ってすべてのゲームでコイントスの結果に従わなければいけないわけではありません。自分でゲームの流れを判断しつつ、どのタイミンでコイントス法を使うかを考えながら使用するのも大切になります。

 

最後にコイントス法とは、結果を全て運に任せる方法のことです。

 

その他の手法も載せていますのでぜひご覧ください

 

コイントス法が使えるおすすめオンラインカジノを紹介していますので

そちらもご覧ください。

おすすめオンラインカジノ、ラピンベットについてはこちら

おすすめの記事