マーチンゲール法

皆さんは、バカラやルーレットなどの
テーブルゲームをプレイする際、
どのようなベットをしていますか?

ゲームの勝率を上げるために
世の中には様々なベット方法が存在します。
その中でも、一番有名な手法が
マーチンゲール方法です。

当記事では、マーチンゲール方法について
解説していきます。

マーチンゲール方法とは

マーチンゲール方法
マーチンゲール法とは、
負けるたびにベット額を倍々に
賭けていく手法です

理論的には必ず勝てると言われています。
マーチンゲール法は勝率が50
配当が2倍のゲームに使われます。

賭けている中で1度でも勝利することができたら
今まで負けている損失額を取り戻せます。
数ある手法の中でもかなり有名です。

マーチンゲール法は現地のカジノでも
禁止になっていない手法です。

ですが、現地のカジノは最低ベット額が
普通のオンラインカジノよりも
高く設定されているため
自己資金がより多く必要となる
場合があります。

それとは反対に
オンラインカジノは現地のカジノに比べて
そこまで軍資金を用意する必要はありません。

大前提で申しあげた通り
マーチンゲイル法は負けるたびに
ベット額を増やしていく手法なので、
連敗した時はベット額が増えていきます。

オンラインカジノはベット額の上限が
決められているゲームが中にはあるため、
勝つまでにその上限に達してしまうと

マーチンゲール法を最後まで
活用できない場合があります。

反対にマーチンゲール法は
一度でも勝つことができれば
利益を得ることができます。

 

マーチンゲール法のメリット
①負けが続いていても
1回勝つことによりそれまでの損失額を
取り戻すことが可能になる。②初心者にも簡単に活用できる手法。③自己資金さえあれば負ける
リスクが少なくなる。④オンラインカジノだけではなく、
現地のカジノや他にギャンブルに
活用できる。

⑤勝った数よりも負けた数が多くても、
自己資本のなかで勝つことができたら
利益を出すことができます。

 

マーチンゲール法のデメリット
①負けが続くことでベット額が
大きくなっていくので資金に限界がある。②ベット額が大きくなればなるほど
心理的不安が大きい。③最大ベット額が
決められているゲームもあり、
勝つまでに自己資金や
そのオンラインカジノ内の上限に達すると
マーチンゲール法を最後まで
活用できない場合も
オンラインカジノサイトによってはある

 

マーチンゲール法の期待値

理論的に勝てるとありますが、
実際にはどうなのかと言うことを
マーチンゲール法を利用した時の
期待値を計算しました。

期待値を求める式はこちらです。

期待値=勝つときの期待値+負ける時の期待値

今回は最初のベット額を1ドル、
1度にベット出来る金額を
10,000ドルとして期待値を考えます。

仮にマーチンゲール法を使用して
負け続けた場合、ベット額は
このような表になります。

ぜひ参考にしてみてください。

 

マーチン回数

金額

1マーチン

1ドル

2マーチン

2ドル

3マーチン

4ドル

4マーチン

8ドル

5マーチン

16ドル

6マーチン

32ドル

7マーチン

64ドル

8マーチン

128ドル

9マーチン

256ドル

10マーチン

512ドル

11マーチン

1024ドル

12マーチン

2048ドル

13マーチン

4096ドル

14マーチン

8192ドル

15マーチン

16384ドル

15回目で1度にベットできる
最大金額10,000を超えるので
最大14回マーチンゲール法を使えます。

 

【勝率2分の1、配当2倍の場合】

勝率が2分の1の勝負でマーチンゲール法を使い、
14回連続で負ける確率は、1/2の14乗 = 1/16384

負けるときの損失は1回目から
14回目のベット額を全て足して

-1-2-4-8-16-32-64-128-256
-512-1024-2048-4096-8192= -16383ドル

負けるときの期待値は
負けるときの損失 × 負ける確率
-16383 × 1/16384 = -16383/16384

勝つ確率は全ての確率から負ける確率を引いて
1 - 1/16384 = 16383/16384

勝つときの期待値は

勝つときの利益 × 勝つ確率
1 × 16383/16384 = 16383/16384

 

つまり、勝率2分の1、配当2倍の勝負で
マーチンゲール法を使うとき
期待値 = 勝つときの期待値 + 負けるときの期待値
16383/16384 + -16383/16384= 0

ということで期待値は0です。

期待値が0ということはベットした金額が
増えるか減るかは五分五分です。

ちなみに、投資法を使わずに
普通に賭けるときの期待値は

1/2 × 1 + 1/2 × -1 = 0

なので、マーチンゲール法を利用しても
しなくても期待値は変わりません。

 

マーチンゲイル法の連敗の確率

マーチンゲール法は勝率が50%で
配当が2倍のゲームによく使われます。

勝率が50%のゲームで連敗する確率を
こちらに表にしておきますので
参考にしてみてください。

 

 

マーチン回数

確率

1マーチン

50%

2マーチン

25%

3マーチン

12.50%

4マーチン

6.25%

5マーチン

3.125%

6マーチン

1.563%

7マーチン

0.781%

8マーチン

0.391%

9マーチン

0.195%

10マーチン

0.098%

11マーチン

0.049%

12マーチン

0.024%

13マーチン

0.012%

14マーチン

0.006%

15マーチン

0.003%

16マーチン

0.0015%

17マーチン

0.0008%

18マーチン

0.0004%

19マーチン

0,0002%

20マーチン

0.0001%

 

100回に1回は6連敗、
1000回に1回は10連敗をする確率があります。

どんなに運が悪くても10連敗は
しにくいと思うので、自己資金に余裕があれば
勝ち続けれる攻略法の一つです

 

バカラでマーチンゲール法をやる場合
バカラではタイを除けば、
バンカーベットの勝率は50.68%で、
プレイヤー勝率は49.32%です。
しかし、バンカーWIN時には0.05%の手数料を
差し引いて支払われるので、
マーチンゲール法を使う場合は、

プレイヤーベットの方をおすすめします。

ハウスアドバンテージはありますので

公平な勝負にはなりません。

 

ルーレットでマーチンゲイル法をやる場合
ルーレットでマーチンゲール法を適用するなら、
前述のとおりローハイベット、赤黒ベット、
EVEN/ODDベットを使います。いずれの勝率もヨーロピアンルーレットなら
18/37(48.64%)、アメリカンルーレットは
18/38(47.36%)と、50%の確率より
やや低いことを理解しておくべきです。つまり、こちらも
ハウスアドバンテージがあることになります。

 

マーチンゲール法を始める前に

始める前に

 

まず初めにご自身の資金と相談して、
ベット額を設定してベットしましょう。

ベット額によってマーチンが続いた後の
ベット額が大幅に変わりますので
注意して選びましょう。

こちらは、「1ドル」「5ドル」「10ドル」の
場合のベット額の表を記載しておきますので
参考にしてみてください。

 

 

マーチン数 1ドル マーチン数 5ドル マーチン数 10ドル
0マーチン 1ドル 0マーチン 5ドル 0マーチン 10ドル
1マーチン 2ドル 1マーチン 10ドル 1マーチン 20ドル
2マーチン 4ドル 2マーチン 20ドル 2マーチン 40ドル
3マーチン 8ドル 3マーチン 40ドル 3マーチン 80ドル
4マーチン 16ドル 4マーチン 80ドル 4マーチン 160ドル
5マーチン 32ドル 5マーチン 160ドル 5マーチン 320ドル
6マーチン 64ドル 6マーチン 320ドル 6マーチン 640ドル
7マーチン 128ドル 7マーチン 640ドル 7マーチン 1,280ドル
8マーチン 256ドル 8マーチン 1,280ドル 8マーチン 2,560ドル
9マーチン 512ドル 9マーチン 2,560ドル 9マーチン 5,120ドル
10マーチン 1,024ドル 10マーチン 5,120ドル 10マーチン 10,240ドル
11マーチン 2,048ドル 11マーチン 10,240ドル 11マーチン 20,480ドル
12マーチン 4,096ドル 12マーチン 20,480ドル 12マーチン 40,960ドル
13マーチン 8,192ドル 13マーチン 40,960ドル 13マーチン 81,920ドル
14マーチン 16,384ドル 14マーチン 81,920ドル 14マーチン 163,840ドル
15マーチン 32,768ドル 15マーチン 163,840ドル 15マーチン 327,680ドル
総ベット額 65,535ドル 総ベット額 327,675ドル 総ベット額 655,350ドル

 

上記のようにマーチン数が続くと
ベット額が大幅に変わってきます。

 

まとめ

まとめ

 

この記事ではマーチンゲール法について
数字や表をメインに説明してきましたが
理解していただけたでしょうか?

マーチンゲール法は簡単で
初心者の方にはおすすめですが、
何より軍資金の準備が大変です。

例えば、10マーチンまで行う場合、
10マーチンまで連敗する確率は
0.098%(約1000分の1)の確率です。

なので、負ける確率は非常に低く
比較的安心できますが、
もし、10マーチン目も負けてしまった場合は
とても大きな損失になってしまうので、
注意しなければいけません。

どうしても負けが続くとベットする金額も
大きくなるので心理的不安がものすごく
多いのかなと感じます。

勝つ確率が高く利益を出しやすいですが
メンタルがあまり強くない方にはおすすめは
あまりできません。

メンタルがあまり強くない方は
何か対策してベットすることを勧めます。

例えば、
自分自身の中で損切りを決めておくのも
一つのリスク回避になるかもしれません。

ですが、何も知らず適当なベット額で
賭けるより利益を出しやすいので
おすすめの手法と言えると思います。

そのため、

・簡単な手法で遊びたい。

・自己資金を多めに用意できる。

・メンタルが強い。

こんな方におすすめかなと思います。

マーチンゲール法の他にも
様々な攻略法が存在するので、
ぜひ確認してみてください。。

おすすめの記事