カジノ合法国 徹底解説

日本では、カジノで遊ぶことはできませんが、
2018年にIR法案が可決されたことによって、
日本でのカジノ合法化が注目されています。

いよいよ、日本でもカジノができる日が近そうです。

皆さんは、普段、
カジノで遊ぶ際にどこの国へ行きますか?
また、どこの国でカジノが
合法化されているか知っていますか?

そこで今回は、カジノの合法国について
解説していきたいと思います。

カジノ合法国

カジノ合法国

日本では、カジノは「怪しい」「必要悪だ」
という否定的な意見が多くみられていますが、
世界で見ると、なんと130か国以上が
カジノを合法化しています。

もちろん、カジノに対する悪い認識もありますが、
経済効果としてはメリットにつながっています

それでは、地域ごとに
カジノ合法国について紹介していきます。

アメリカ大陸

アメリカ大陸でカジノが合法化されている
国は以下のようになります。

カジノ合法国
アメリカ/カナダ/ハイチ/
セントクリストファー・ネイビス/
アンティグア・バーブーダ/
セントビンセント・グレナディーン/
ホンジュラス/パナマ/コスタリカ/
プエルトリコ/ウィンドワード諸島/
カイコス諸島/サン・マルタン島/メキシコ/
コロンビア/ペルー/ウルグアイ/チリ/
ベネズエラ/エクアドル/パラグアイ/
アルゼンチン/ボリビア/スリナム


以上がアメリカ大陸でカジノが
合法化されている主な国になります。


意外なのが南米最大国であるブラジルでは、
カジノが合法化されていません。
ブラジルは、日本と同じように、
公営ギャンブルは存在しますが、
カジノに関しては、合法化に向けて
議論中のようです。

経済が低迷しているブラジルでは、
経済効果を狙ってカジノを
合法化するべきだと思いますが、
マフィアなどの存在が足がかりに
なっているようです。


アメリカ大陸だけでなく世界で見ても
有数のカジノ大国「アメリカ」ですが、
どこでもカジノができるというわけではありません。
アメリカでは、10の州でカジノが合法化されており、
それ以外の州では禁止されています。

カジノが人気の地域は下記のようになります。

 

・ラスベガス(ネバダ州)
・アトランティックシティ(ニュージャージ州)
・ビロクシ(ミシシッピ州)
・ニューオリオンズ(ルイジアナ州)

 

ヨーロッパ

ヨーロッパでカジノが合法化されている国は
以下のようになります。

 

カジノ合法国
イギリス/フランス/スペイン/オーストリア/
ドイツ/イタリア/ベルギー/ロシア/
フィンランド/スウェーデン/モナコ公国/
ポルトガル/オランダ/マルタ共和国/
ギリシャ/ジブラルタル/デンマーク/
ラトビア/北キプロス/ルクセンブルグ/
ブルガリア/ボスニア・ヘルツェゴビナ/
マケドニア共和国/スイス連邦/エストニア/
ポーランド/スロバキア/スロベニア/ルーマニア


以上がヨーロッパで合法されている
主な国になります。

 

ヨーロッパでは、35か国というほとんどの国で
カジノが合法化されています。
また、カジノやオンラインカジノを運営している
企業もヨーロッパを中心に集まっています。


ヨーロッパで、
特にカジノが盛んな国が「モナコ公国」です。
モナコは、セレブ感が漂う町並みで、
カジノ施設も同じく美しい造りになっています。

モナコで有名なカジノは下記のようになっています。

「カジノ・ド・モンテカルロ」
「サン・カジノ」
「カジノ・カフェ・ド・パリ」

 

アジア・オセアニア

 

アジアとオセアニアでカジノが
合法化されている国は以下のようになります。

 

カジノ合法国
マカオ/韓国/フィリピン/インドネシア/
マレーシア/ネパール/カンボジア/ベトナム/
ラオス/シンガポール/北マリアナ諸島/
オーストラリア/ニュージーランド/バヌアツ共和国


以上がアジアとオセアニアでカジノが
合法化されている主な国になります。


アジアのカジノは、ラフ感が強く
現地の方向けのカジノが多い印象です。

また、日本人スタッフもカジノによって
多く在籍しているので初心者の方は、
予め調べておくと安心して楽しめるかと思います。


アジアの中で、
「マカオ」は世界的にも有名なカジノ合法国です。

マカオのカジノは、大型複合施設の中にある場合が
多いので、家族で楽しめるのではないのでしょうか?


マカオで有名なカジノは下記のようになります。

「ヴェネチアン・マカオ」
「グランド・リスボア」
「スタジオシティ・マカオ」
「ウィン・マカオ」
「グランド・リスボア」

 

他の国だとインフィニティプールが有名な
シンガポールの「マリーナベイサンズ」
韓国の「パラダイスシティ」などが
人気のカジノになります。

アフリカ大陸

アフリカ大陸でカジノが合法化されている国は
以下のようになります。

 

カジノ合法国
エジプト/モロッコ/トーゴ/チュニジア/
エチオピア/マダガスカル/モーリシャス/
レユニオン/セーシェル諸島/カメルーン/
コンゴ/ザイール/ガボン/ケニア/ウガンダ/
ベナン/コートジボワール/ガンビア/
タンザニア/ガーナ/ニジェール/
ナイジェリア/ボツワナ/セネガル/
ナミビア/南アフリカ/ジンバブエ/
ザンビア/リベリア


以上がアフリカ大陸でカジノが
合法化されている国になります。

アフリカ大陸には、
21か国のカジノ合法国が存在します。

なぜ、ここまで多く存在するかというと、
通常カジノを合法化する場合、
マフィアの資金源の温床が懸念されますが、
アフリカ大陸のカジノは、治安維持よりも
経済効果を重視してカジノを合法化しています。
そのため、治安面において注意は必要でしょう


アフリカ大陸のカジノでは、
「サンシティ」という南アフリカの
カジノリゾートが人気となっています。

おすすめカジノ合法国

おすすめカジノ合法国

世界には130か国以上のカジノ合法国があるため、
どこの国のカジノがよいのかあまりわからない方も
多くいると思うので、初心者の方でも楽しめる
カジノを紹介していきます。

 

【パラダイスシティ(韓国)】

パラダイスシティは、韓国にあるカジノのため、
日本から最も近いカジノになります。
また、仁川国際空港と併設されていて、
アクセスが抜群という点も魅力になっています。

カジノ以外にも様々な施設が併設されているので、
男女関係なく幅広い年齢層で楽しめるかと思います。


【マリーナベイサンズ(シンガポール)】

マリーナベイサンズは、
シンガポールのランドマークで、
かなり大きなIR施設となっています。
カジノ施設もテーブル数が多く内装も魅力的ですが、
マリーナベイサンズと言えば、
やはり地上57階の屋上にある
「インフィニティプール」が有名です。

このプールは、宿泊者限定でバーも併設されており、
夜景を見ながらお酒を飲むという
至福のひと時を過ごせます。


【ベラージオ(ラスベガス)】

ベラージオは、世界で最も有名なカジノといっても
過言ではないでしょう。

歴史があり、映画の舞台にも使われているカジノで、
カジノの以外にも噴水ショーが有名です。
また、ポーカーの世界大会「WSOP」
会場にもなっているため、
時期になるとより一層盛り上がります。

 

まとめ

まとめ

今回は、カジノが合法化されている国について
解説しましたが、理解していただけたでしょうか?

日本にはまだカジノが存在しませんが、
近い将来の誘致が期待されています。

そんな中、
カジノで遊んでみたいという方がいても、
コロナ禍の為、なかなか海外へは
行きづらいのが現状です。

しかし、
今ではインターネットやスマホの普及によって
オンラインカジノの人気が高まっています。
皆さんも一度遊んでみてはいかがでしょうか?

また、オンラインカジノで遊ぶ際は、
ぜひ当サイトがおすすめする「ラピンベット」
遊んでみてください。

ラピンベットについては、下記のリンクで詳しく
解説しているのでぜひご覧ください。

ラピンベットはこちら

おすすめの記事