ポーカーの種類とルール

カジノを知らない方でも一度は「ポーカー」という
ゲームの名前を聞いたことが
あるのではないでしょうか?

海外ではもちろん人気ですが、
カジノに馴染みがない日本でも、
プロポーカープレイヤーがyoutubeで発信したり、
アミューズメントカジノでトーナメントが
開かれたりすることによって人気が高まっています。

しかし、ポーカーを遊んだことのない方も
多いと思うので、今回はポーカーの種類や
ルールについて解説していきます。

ポーカーとは

ポーカーとは

ポーカーは、基本的には52枚の
トランプカードを使い、5枚の手札の組み合わせで
カードの強さを競うゲームとなっており、
なんといっても相手プレイヤーとの駆け引きが
醍醐味のゲームで、「世界三大トランプゲーム」
と言われています。

ポーカーの中でも様々な種類のポーカーがあり、
種類ごとにカードの枚数やベットの回数など
少しルールも違いそれぞれ魅力がある中、
現在世界中で一番スタンダードなポーカーは
「ホールデムポーカー(フロップポーカー)」
と言われています。

それでは、様々あるポーカーの種類を
ルールと併せて紹介していきます。

ポーカーの種類

ポーカーの種類

様々な種類のポーカーが存在しますが、
大きく分けて「ドローポーカー」
「スタッドポーカー」「ホールデムポーカー」
「その他のポーカー」4つの種類に分けられます。

では、それぞれ簡単に解説していきます。

ドローポーカー

日本で一般的に知られているポーカーが、
ドローポーカー(クローズドポーカー)です。

ドローポーカーの特徴としては、
他のプレイヤーに手札を最後まで見せず、
共通のカードもないことが主な特徴です。

次に、ドローポーカーに分類される
おすすめのポーカーについて解説していきます。


【ファイブドローポーカー】

ファイブドローポーカーはプレイヤー全員に
カードを5枚ずつ配るスタンダードポーカーです。

ファイブドローポーカーのルールを簡単に解説すると
ベット回数は、最初にカードが配られた後と
新しいカードを引いた後の2回のみで、
カードの交換は0~5枚まで可能です

【2-7トリプルポーカー】

2-7トリプルポーカーもプレイヤー全員に
5枚のカードを配るポーカーですが、
1番弱いハンドを持っているプレイヤーが勝つ
といった少し特殊なルールのポーカーです。

一番強いハンドがハイカードで、最弱のハンドは
ロイヤルフラッシュとなっています。

カードの強さもAが最弱で2が最強となっています。
最高のハンドは「2/3/4/5/7」の組み合わせで
「ナンバー1」と呼ばれています。

また、カードを引くドローラウンドは3回あり
ベットするタイミングが4回あります

スタッドポーカー

スタッドポーカーはプレイヤー全員のハンドを
オープンにした状態でゲームが進行されます
手札も交換できないので運要素が強く
ルールが少し複雑なゲームとなっています。

スタッドポーカーに分類されるポーカーについて
解説していきます。


【カリビアンスタッドポーカー】

カリビアンスタッドポーカーは
プレイヤー同士ではなくディーラーとの
勝負になります

プレイヤーとディーラーにカードを5枚ずつ配り、
プレイヤーのカードはすべてオープンされた状態で
ディーラーのカードは1枚のみオープンされる
ルールとなっています。

ベットの回数も1回のみで
カードの交換もありません
また、配当は役ごとに変わってきます。

【7カードスタッドポーカー】

7カードスタッドポーカーは
参加プレイヤー全員に7枚ずつカードを配ります

ゲームの流れとしては、ゲーム開始時に3枚配られ、
そのうち2枚は伏せ、1枚がオープンの状態です。
1回目のベット終了時に1枚のオープンされた
状態のカードが配られ、次のベットが始まります。
同じ流れで4回目のベットまで終えたら、
残ったプレイヤーに伏せた状態のカードが
1枚ずつ配られます。そして5回目のベット後に
カードをすべてオープンにして勝敗を決めます。

このポーカーの特徴は、
伏せたままのカードがある状態で
最終ベットまで行うという点です。

ホールデムポーカー(フロップポーカー)

ホールデムポーカーは、
近年、カジノの主流になっているポーカーです。

プレイヤーに2枚ずつ配られたカードと、
5枚のコミュニティカードで役を完成させる
ポーカーとなっています。

このポーカーは戦略や駆け引きといった運よりも
実力メインのポーカーとなっているので、
初心者が勝つには少し厳しいかもしれません。

 ホールデムポーカーに分類される
ポーカーについて解説していきます。


【テキサスホールデムポーカー】

テキサスホールデムポーカーは、
カードの交換はできず、配られた2枚のカードと
5枚のコミュニティカードで勝負する
ポーカーとなっています。

ゲームの流れとしては、ゲーム開始時に
2枚のカードがプレイヤー全員に配られ、
1回目のベットを行います。
1回目のベット終了後、3枚のコミュニティカードが
オープンな状態で配られ、ベットするか
勝負から降りるか判断します。そこからベット後に
1枚ずつオープンされた状態の
コミュニティカードが配布されていきます。
4回目のベット後に自分のハンドをオープンにして
勝敗が決まります。

相手プレイヤーとの駆け引きが楽しめる
ポーカーとなっています。

【カジノホールデムポーカー】

カジノホールデムポーカーは、
ディーラーとの勝負になります。

プレイヤーとディーラーに2枚ずつカードが配られ、
コミュニティカードを5枚配り
勝敗を決めるゲームです。

このゲームはベット回数が
コミュニティカード3枚がオープンされた時点で
ベットする1回だけしかないのが特徴です。

また、ディーラーは4のワンペア以上がないと
勝負ができず、勝負ができなかった場合は
プレイヤーの勝利となります。

【オマハポーカー】

オマハポーカーはプレイヤー全員に
4枚のカードを配り、5枚のコミュニティカードを
配ります。このポーカーはカードの交換はできず、
手札の枚数が異なるというところ以外
テキサスホールデムポーカーと
同じルールとなっています。

その他のポーカー

これまで紹介してきたどのポーカーにも
分類されないポーカーのことを指します。

ここに分類されるポーカーは
役の強さなどは共通ですが、カードの枚数や
勝敗の付き方などが少し変わっています

それではここに分類されるポーカーを
解説していきます。

【バイゴウポーカー】

バイゴウポーカーはディーラーとの勝負になります
ディーラーとプレイヤーにそれぞれ7枚ずつ
カードが配られます。また、どんなカードにも
代用できる「ジョーカー」が存在します。

ゲームの流れとしては、7枚のカードのうち、
5枚をハイハンド、2枚をローハンドに分け、
それぞれの役の強さで勝敗を決めます。
ハイハンド、ローハンド両方勝った場合に
勝利となり、どちらか片方負けた場合は
引き分けとなります

【スリーカードポーカー】

スリーカードポーカーも
ディーラーとの勝負になります。
ディーラーとプレイヤーそれぞれに3枚ずつ
カードが配られ、そのカードで勝敗を決めます

ベット回数はカードが配布されてからの1回のみで、
ディーラーは約が揃わなかった時点で
負けとなります

特殊な点においては、
役がフラッシュよりストレートの方が
強くなっていることです。

【レットイットライドポーカー】

レットイットライドポーカーはプレイヤーに
3枚、コミュニティカードが2枚配られます。

また、このポーカーはプレイヤー同士の
勝負でもなくディーラーとの勝負でもありません
プレイヤー自身が5枚のカードで
役を作れるかどうかで勝負が決まる
特殊なポーカーとなっています。

配当に関しては、10のペア以上で配当が獲得でき
また役の強さによって配当の倍率が決まります

まとめ

まとめ

今回は、ポーカーの種類について解説してきましたが
理解していただけたでしょうか?

このようにポーカーにはたくさんの種類があるため、
どのポーカーを選択してプレイしたらいいか
迷う方も多いのではないでしょうか?

初心者の方は、まずは一通りプレイして、
自分に合ったポーカーを選択することを
おすすめします。

慣れてこれば、主流となっている
「ホールデムポーカー」をプレイし、
ポーカーの醍醐味である相手プレイヤーとの
駆け引きを楽しみましょう。

おすすめの記事