オンラインカジノ 違法

2018年に日本でIR法案が可決され、近年、
カジノに対する注目度が高まっています。

同時に、パソコンやスマホで手軽に遊べる
オンランカジノも人気上昇中で
参入者が増えている現状です。

一方で、賭博法の関係により、
オンラインカジノは違法だと意見する方もいます。

そこで、オンラインカジノは本当に違法なのか?
合法なのか?オンラインカジノの法律について
解説していきます。

 

オンラインカジノは違法?合法?

オンラインカジノ 違法 合法

結論から言うと、オンラインカジノは
違法でも合法でもありません。

実は、現在日本には、ンラインカジノを
裁く法律が存在しないのです。

日本から海外のオンラインカジノを
プレイすることについて、
法律が定められておらず、
海外はオンラインカジノ自体に違法性がないため、
日本でオンラインカジノを遊ぶことは
グレーゾーンと呼ばれています。

しかし、ギャンブル合法国の政府が発行した
運営ライセンスを持つ
オンラインカジノに限ります。

日本で運営されているオンラインカジノは
違法なのでオンラインカジノで遊ぶ際は
ライセンスの有無や詳細を確認しましょう。

また、日本で店舗型のカジノを運営することと
遊ぶことも違法になっています。

 

インターネットカジノ

 インターネットカジノとは、店舗を構えて、
インターネットを通じてカジノゲームができる
場所を提供し、そこで実際に現金を賭けたり
受け取ったりするサービスです。

インターネットカジノのことを
「ネカジ」「インカジ」などと
呼ばれたりもしています。

 日本国内において、
公営ギャンブル以外のギャンブルは
禁止されており、
日本でインターネットカジノを
運営することは違法となっています。

オンラインカジノと賭博罪

賭博罪

賭博の法律は存在するのに
オンラインカジノが違法ではないことについて
疑問に思う方もいるかと思うので、
日本の賭博罪とオンラインカジノとの
関係性について解説していきます。

 日本には大きく分けて、
2種類の賭博法があります。

 

【賭博罪】      
  お金を賭ける行為を禁止【賭博場開張図利罪】
  お金を賭ける場所を提供する

 

オンラインカジノは賭博罪に当たると
思う方もいるかと思いますが、
日本人がラスベガスでカジノを遊べるように、
賭博罪は日本国内のみ適用されるので、
日本人が海外でカジノを遊ぶことは
違法ではありません。

オンラインカジノも海外の企業で
合法的に運営されていて、
日本人がそこにアクセスし、日本国内から
プレイしているという状況のため、
日本と海外どちらの法律で裁けばいいのか
定められていません。
これがグレーゾーンと呼ばれる理由です。

しかし、2018年にIR法案が可決されたので、
オンラインカジノが完全に合法化される
日は近いかもしれません。

逮捕事例

ここで過去に、
日本人がオンラインカジノに関することで
逮捕された事例を紹介していきます。

2016年にオンラインカジノの
「スマートライブカジノ」で遊び
日本人3名が逮捕された事例があります。

しかし、
最終的に不起訴になっています。

では、なぜ逮捕されたかの理由ですが、
そのスマートライブカジノが
日本人ディーラーを採用したり、
ライブの開催時間も日本時間に合わせたりするなど
明らかに日本人向けのサービスだったからです。
また、逮捕された3人のプレイヤーは、
チャットでのやり取りや、ID、SNS、ブログで
プレイした履歴など全てが公開状態にあったため、
本人が特定でき、逮捕されました。

しかし、それだけではプレイヤーを逮捕するには、
不十分な理由であり、裁判で争っても
有罪にするのは難しいと検察側が判断した
と考えられ略式起訴となりました。

この事件については、
逮捕者を出したという事実を広め、
オンラインギャンブルに関する動きを
けん制することが目的だったと考えられています。

他にも、
海外オンラインカジノとして運営されていた
「ドリームカジノ」の運営者が逮捕される
という事件がありました。

逮捕された理由ですが、ドリームカジノは、
オランダ領のキュラソーの会社で、
決裁会社もキプロスと表記されていましたが、
実質的に運営されている場所が大阪だったため、
日本国内でオンラインカジノを
提供していたことが理由です。

これは、賭博場開張図利罪に当たり、
違法カジノを運営したことと同じになります。

ドリームカジノに参加していた方々は
逮捕されることはありませんでしたが、
運営会社などは念のため、
しっかりと把握しておいた方が良いでしょう。

オンラインカジノをプレイする際の注意点

注意点

オンラインカジノはグレーゾーンで逮捕される
心配はないからといっても、
最低限の注意は払っておいた方がいいと思います。

そこで、オンラインカジノをプレイする際の
注意点を紹介していきたいと思います。

注意事項
 ① 過去に逮捕された事例のように、
  日本人専用のテーブルがあるような
  オンラインカジノは避ける② SNSなどにオンラインカジノの
  プレイ内容を載せない

  ③ ライセンスの会社や種類を確認する

  ➃ チャットに本人特定されるような
  情報は書き込まない。

  ⑤ 表示名称がアカウントそのもののような
  カジノは避ける。

  ⑥ オンラインカジノに関する税金について
  しっかりと把握し納める。

  ⑦ 評価の高いオンラインカジノを選ぶ

  ➇ 日本に何かしらの拠点がある
  オンラインカジノは避ける

  ⑨ インターネットカジノは絶対に避ける


以上の点に注意して
安全にオンラインカジノをプレイしましょう。

 

まとめ

まとめ

今回はオンラインカジノの法律事情について
解説しましたが、
理解していただけたでしょうか?

このように、オンラインカジノの法律は現在、
日本では定まっていません。
しかし、逮捕されないからと言って、
適当にオンラインカジノを選んで
遊ぶことはやめましょう。
しっかりと、運営会社やライセンス会社を
確認することをおすすめします。

もし、オンラインカジノ選びに迷った際は、
当サイトがおすすめする「ラピンベット」
遊んでみてください。
安全性や、日本語対応も完璧なので初心者の方も
安心して楽しむことができると思います。

また、
業界最高水準のローリングバックシステムや、
ゲームの種類も豊富です。

ラピンベットに関して詳しく知りたい方は、
下記にリンクを貼っているので
ぜひ読んでみてください。

ラピンベットはこちら

おすすめの記事