ブラックジャック攻略法

今回は、オンラインカジノの定番ゲーム
「ブラックジャック」のテクニックやスキルなど
攻略法について解説していきます。
ブラックジャックは、還元率が最大102%を超え、
他のゲームと比べ、
比較的に勝ちやすいゲームなので、
初心者の方にもおすすめのゲームです。

ブラックジャックで勝つためには、
しっかり戦略を立て、
勝率を確実に高めていく必要があります。

これから紹介する攻略法は
ランドカジノのブラックジャックでも使えるので、
ぜひ参考にしてみてください。

また、ブラックジャックとはどんなゲームか
分からない方は、前回の記事で解説しています。

ブラックジャックのルールはこちら

速攻使える攻略法

速攻使える攻略法
初心者の方でも今すぐ使える
基本的な攻略法から解説していきます。

まずはカードを引く確率から
理解していきましょう。

 「A」~「9」を引く確率は、7.7%

「10」,「絵札」を引く確率は30.7%あります。


この結果から、基本的には
ディーラーの伏せているカード、
自分が次に引くカードは
確率の高い「10」,「絵札」を予測して
ゲームを進めましょう。

次に、自分の合計値とその合計値に対して
ヒットした時のバーストする確率と、
ディーラーのアップカード(表向きのカード)と
アップカードに対するバーストの確率を
紹介していきます。

 

合計値       バースト確率

12          30%

13          38%

14          46%

15          54%

16          60%

17          68%

18          76%

19          84%

20          92%

 

 

 

アップカード    バースト確率

                                   35%

3          38%

4          40%

                                  43%

                                  42%

7          26%

8          24%

9          23%

10,絵札      21%

A                                  12%

 

 

この確率をみて分かるように、
自分のハンドが17以上の場合は「スタンド」
選択するのが基本的です。
自分のハンドが1216の数字だった場合は
ディーラーがバーストしそうな場合はスタンド、
ディーラーのハンドが1721になる確率が
高い場合はヒットを選択するというふうに
ディーラーのハンドの状況を見て判断しましょう。

 次に、「ダブルダウン」「スプリット」
使用状況について紹介します。

ダブルダウンとは、
ベット額を2倍にしてヒットすることを指します。

ダブルダウンは、
自分のハンドの合計値が10または11
そしてディーラーのアップカードが
9以下だった場合に使うことをおすすめします。

あくまで確率論ですが、ヒット時に10や絵札、
Aを引く確率が他の数字と比べて高いので
勝負したいときは、このような状況で
ダブルダウンを使ってみましょう。

 

スプリットとは、配られた2枚のカードが
同じ数字だった場合、カードを二手に分けて
それぞれのハンドとして勝負できる
アクションのことです。

スプリットは、基本的にはバーストのリスクを
抑えるために使います。

しかし、A2枚配られた場合は、
リスクを抑えるだけではなく、
ブラックジャックのチャンスになるので
必ずスプリットを選択するようにしましょう。

また、自分のハンドの合計値が16以下の場合も
相手の状況に応じてスプリットを選択しましょう。

 

ベーシックストラテジー

ベーシックストラテジー

 

長期的にブラックジャックで勝ち続けたい方は、
「ベーシックストラテジー」
というものを覚えましょう。

ベーシックストラテジーとは、自分のハンドと、
ディーラーのアップカードの状況を見て、ヒット、
スタンド、ダブルダウン、スプリットの中の
アクションから高確率で勝てるものを
算出したものです。

 下記の表はストラテジーチャートという表です。

 

 【ハードハンドA1と数えたときのハンド

ハードハンド

 


【ソフトハンド】
A11と数えたときのハンド

ソフトハンド

スプリットの場合】表にスプリットを追加。 

スプリット

 

オンラインカジノでブラックジャックを遊ぶ際は、
ストラテジーチャートを見ながらプレイすることが
可能ですが、ランドカジノでは禁止となっているので
覚えておくことをおすすめします。

 

カウンティング

カウンティング

カウンティングとは、
場に出たカードをすべて記憶し、
シューの中にあるこれから出てくるカードを
予測する行為です。

カウンティングの方法ですが、
2~6を「+1」、7~9を「0」、
A10、絵札を「-1」として
場に出た順番に計算していきます。

 カウンティングの結果がマイナスとなった場合は、
シューの中にA10、絵札が少なくなっている
という予測ができるため、
マイナスの値にもよりますが、無理にこれらの数字を
狙うような勝負はせず、
スタンドしてディーラーのバーストを
待った方が適切です。

 反対に、カウンティングの結果がプラスだった場合、
シューの中には、A10~絵札が
他の数字よりも入っていると予測できるので、
積極的にヒットやダブルダウンを
狙っていきましょう。

 このカウンティングという方法ですが、
オンラインカジノでは、
メモをしたりアプリを使って計算できたりしますが、
ランドカジノでは、カウンティング行為が
発覚してしまうと出禁になる場所も
多くあるので注意してください。

賭け方

賭け方

ブラックジャックで勝つためには、
資金管理能力も必要です。

資金をうまく管理するために賭け方を
意識していきましょう。

そこで低リスクで着実に増やしていくためにも
賭け方をいくつか紹介していきます。

 

パーレー法
パーレー法は、勝負に勝った場合、
そこで賭けた金額の倍を
次のゲームで賭けていく方法です。
例えば、1ドルで勝った場合は、次は2ドル、
2ドルで勝った場合は、次は4ドルというふうに
勝つたびに倍々に賭けていきます。

ただし、負けると利益が一瞬でなくなるので、
あらかじめ連勝の回数を決めておきましょう。

 

ラジェール戦法
ラジェール戦法は損失額の許容範囲を決め、
合計値が許容損失額になるように数列を作り、
順番にかけていく方法です。

たとえば、許容損失額が20ドルだった場合、
合計値が20ドルになるように【2,5,3,3,4,1,2,】
このように数列を作り、
数列に従ってかけていきます。

 メリットは、最大損失金額が決まっている点と、
連勝すればするほど大きな利益を獲得できる点です。

反対にデメリットは、
連勝しないと損失が膨らみます。

 

10%法
10%法は常に自分の手元の資金の10%を
賭け続ける方法です。

例えば、資金が100ドルだった場合、
10%の10ドルを賭けます。勝った場合、
次は110ドルの10%の11ドルを賭けていきます。

10%法のメリットは、
連勝するほど利益が大きくなり、
リスクも低いという点です。
デメリットは、連敗が続いたときに
損失を取り戻すのに時間がかかる点です。

これらの賭け方以外にも様々な賭け方があるので
自分に合った賭け方を選びましょう。
どんなゲームにおいても、資金管理は最も重要です。

 

まとめ

まとめ

今回は、ブラックジャックの攻略について
解説しましたが、理解していただけたでしょうか?

ブラックジャックはカジノゲームの中で
最も還元率が高いゲームとなっております。

ぜひ、
攻略法を身に着けて勝率を上げていきましょう。

また、バカラをプレイする際は、
当サイトおすすめの「ラピンベット」
「ライブカジノ」でブラックジャックを
楽しんでみてください。

生中継で臨場感と興奮が味わえ、
ディーラーとの駆け引きも、より一増楽しめます。
是非、一度遊んでみてください。

ラピンベットはこちら

おすすめの記事