ブックメーカー(スポーツベット)とは?公営ギャンブルとの違いや違法性なども詳しく紹介!

 

 

みなさんは、ブックメーカーというものをご存じでしょうか。

 

ブックメーカーは、スポーツブック・スポーツベット

スポーツベッティングなどとも呼ばれている、

海外で合法的に運営されている賭けサイトのことです。

スマホとネット環境さえあれば、

どこでもいつでも気軽に利用することが可能です。

 

今回は、このブックメーカーの特徴や

違法性などについて詳しく紹介していきます。

また、日本の公営ギャンブルとの違いも合わせて紹介します。

 

ブックメーカー(スポーツベット)とは

 

ブックメーカーとは、

1700年代の終わり頃にイギリスで誕生したもので、

簡単に説明すると、「欧米における賭け屋」のことです。

 

イギリスにあるニューマーケット競馬場で

競馬の勝ち馬予想から開始されたといわれています。

1960年代に入ると、イギリス政府が公認する形で、

厳正な認可審査を経て、民営によるブックメーカーが次々と生まれました。

 

主に、スポーツ競技の勝敗などを予想します。

事前にオッズ(賭け率)を提示して参加者を募り、賭けを行います。

その結果に応じて、予想を的中させた勝者に対して、

オッズに応じた金額を配当するものです。

 

ブックメーカーと日本の公営ギャンブルの違い

 

ここからは、ブックメーカーと

日本の公営ギャンブルとの違いを紹介します。

 

最大の違いは、「オッズ(賭け率)」です。

ブックメーカーのオッズは、

会社によって異なりますが、約93〜98%で推移しています。

 

ギャンブル名 オッズ
パチンコ 80〜85%
競馬・競輪・競艇・オートレース 75〜80%
宝くじ 46%
サッカーくじ 50%
ブックメーカー 93〜98%

 

このように、ブックメーカーは日本の公営ギャンブルとは違い、

圧倒的にオッズが良いことが分かるでしょう。

 

また、日本の公営ギャンブルとブックメーカーでは、賭け方式も異なります。

 

  • 日本の公営ギャンブル:購入時にオッズが分からない「パリミチュエル方式」
  • ブックメーカー:オッズを確認してから購入する「ブックメーキング方式」

 

例えば、オッズが2.5倍のAが勝ちそうだと思い、券を購入したとします。

その後、Aがどんどん人気になってオッズが1.7倍まで下がってしまいました。

 

この時、パリミチュエル方式の場合は、

2.5倍で購入したものの最終的なオッズは1.7倍となります。

一方、ブックメーキングでは、オッズが2.5倍の時に

券を購入しているため、的中すると2.5倍の配当を獲得できます。

 

また、賭け項目がブックメーキング方式の方が圧倒的に多いです。

 

例えば、サッカーの試合であれば、公営ギャンブルの場合は

「試合の勝敗」と「試合の得点数」の2種類だけですが、

ブックメーカーの場合は、

試合の勝敗と得点数の他「ハンデキャップ」「スコア」

「得点する選手」「コーナーキックの本数」「前半・後半戦のみの結果」など、

豊富な賭け項目が用意されています。

 

このように、ブックメーカーと日本の公営ギャンブルとでは大きな違いがあるのです。

 

ブックメーカーの違法性とは?安心安全にできるものなの?

 

最後に、ブックメーカーは安心安全にできるものなのか、

その違法性について説明していきます。

 

結論からいうと、ブックメーカーには違法性はありません。

 

日本で公営ギャンブル以外のスポーツ競技に賭けることは違法です。

しかし、海外のギャンブルに賭けることを規制する法律ないため、

ブックメーカーを利用した賭けを行うことは、

黒でも白でもなくグレーである状態というわけです。

 

ブックメーカーはイギリス・ヨーロッパで合法的に運営されているため、

その利用を日本人に規制することは実質的に不可能です。

なぜなら、中には上場企業も含まれているため、

規制などした場合には貿易摩擦といった国際問題に発展する恐れがあります。

 

また、現在までブックメーカーを利用して逮捕

もしくは基礎された日本人が一人もいないことから、

現段階ではグレーゾーンではありますが、

ブックメーカーの利用に関する違法性はないといえます。

 

とはいえ、中にはユーザーから多額の賭け金を集めたまま消えてしまうところや、

何かしら理由をつけて出金拒否を続ける悪徳業社も存在します。

 

そのため、信頼性の高いライセンス、特に「ジブラルタル政府」

「マルタ共和国」「キュラソー島」などの

ライセンスを取得しているブックメーカーを利用しましょう。

 

  • ジブラルタル政府:スペイン南端の小半島にある小さな国でイギリス海外領土
  • マルタ共和国:イタリア・シチリア島の南に位置する島国
  • キュラソー島:カリブ海にあるオランダ王国の構成国の一つ

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

ブックメーカーは、

合法的に運営されている、海外の賭けサイトのことです。

日本の公営ギャンブルとは違い、

事前にオッズを確認してから購入できるため、

納得した上で券を購入できます。

 

ただスポーツを観戦するのも楽しいですが、

勝敗や得点数などを予想した上で観戦すれば、

また違った楽しみ方が味わえます。

この機会に、ぜひブックメーカーを利用してみてはいかがでしょうか。

 

おすすめの記事